クレジットカードの審査に通るために工夫すべき方法

クレジットカード,審査,落ちる理由

クレジットカードの審査においては、個人の多くの情報を元にして、申込み時に行われています。

 

どうすれば審査を突破できるかですが、金融機関ごとに審査の基準が違うので、決まった方法はありません。

 

大まかになら、クレジットカードの審査がうまくいくために心がけたいことがあります。
審査を受けるに当たって、クレジットカードの申込用紙には正しく、空欄なく書き込むことが、審査でいい結果を得るための糸口です。

 

金融機関では申込みした人の情報は、少しでも多くの情報を入手した方が、より詳しく評価できるようになるからです。

申込用紙の記入のポイント

年収や、勤続年数など、ちょっとした数字に関しては、問題が発生しない程度に、多少はいい方向に解釈して書く人もいます。
あまりにも現実とかけ離れた数値を記入することは出来ませんが、収入などは年によって多少は上下するものです。

 

今の会社に勤めて5年と書きつつ、実際は5年弱だったり、年収300万円と書きつつ、実際は300万円弱だったというものです。
ウソを書けば問題になりますが、事実を好意的に解釈したという程度なら、審査にプラスになることがあります。

 

やり過ぎは論外ですが、多少なりとも膨らませて書いたほうが、クレジットカードの審査がうまくいくことが少なくありません。
しかし、数値が現実とは大きくかけ離れてしてしまうと逆効果となるため、注意をする必要が出てきます。

 

その他に、クレジットカードの審査で評価が高くなりやすいこととして、
給与引き落としに用いている銀行のクレジットカードにする等の方法があります。


クレジットカードの審査の基準について

クレジットカードは、正社員として働いている人だけでなく、アルバイトやパートの人でも審査に通ると言われています。

 

その一方で、正社員として働いていて安定した収入があるのにクレジットカードの審査に落ちたという話も聞きます。

 

クレジットカードには種類があり、審査が厳しい順に

  1. プラチナ
  2. ゴールド
  3. クラッシック
  4. ノーマル

となります。
ノーマルやクラシックのクレジットカードならば、アルバイトやパートの人でも一定の収入があれば審査には通ります。

個人信用情報の内容を見られる

正規雇用で長年仕事をしているのに、クレジットカードを発行されなかったという人は、審査でどこが引っかかったのでしょう。

 

審査のハードルを越えることができなかった理由として考えられることとしては、
個人信用情報の内容がよくなかったという場合です。

 

過去にクレジットカードやローンの返済で延滞を繰り返したことのある人は、クレジットカードの審査時には評価が悪くなります。
借金の返済ができなくなって、自己破産などの債務整理をした人は、高い確率でクレジットカードを作ることはできません。

 

どれだけ月々の収入が安定している人でも、返済を滞らせたことがある人は、
返済能力がないという見立てをされてしまいます。

 

金融機関からすれば、約束された期日に支払ってくれない人や、
借金を踏み倒そうと考えている人はある意味で無職の人よりもやっかいです。

 

顧客として望ましいのは、収入が多いかどうかより、きちんと返してくれるかどうかです。
とはいえ、個人信用情報は、一定期間が経過すると情報が消去されます。

 

キャッシング延滞の記録などは、数年で消えますので、その後はクレジットカードの審査に支障はありません。

クレジットカードの審査に落ちる理由とは

クレジットカードの審査を通過しないことは滅多にありませんが、全くない話ではありません。

 

氏名、生年月日、住所、勤務先の名前など、クレジットカードの申込用紙の書き漏らしや、書き間違いはないようにしましょう。

年収と会社の在籍確認

クレジットカードで審査を受ける時には、年収がどの程度なのかは欠かせない部分なので、勤めている会社名が大事です。
審査を無事に通るために大事なことは、審査中の在籍確認で、勤務先の企業の実在や、社員である確認ができることです。

 

クレジットカード会社が審査を行うときには、勤務先に電話などで連絡を取って、
実際に勤めているかどうかを必ず確認がされます。

 

クレジットカードの審査で結果がだめだった場合は、
在籍確認の段階で社員であると認められなかったということがありえるといいます。

 

書類に書かれている通りの収入があるかどうかは、本当のその会社で働いているか確認できるかにかかっています。

 

申し込み書類に書いたほどの収入がないという問題はさることながら、
事実と異なる内容で申し込みをすると、よくないことだと判断されます。

 

申し込み用の書類を作成する時には、ウソを書いてはいけないことは、クレジットカードでなくても言えることです。

他の融資の状況はどうか

金融会社の視点からすれば、別の金融機関からたくさん融資を受けている人や、
借りたお金の返済を遅らせているという人は、クレジットカードは持たないようがいいでしょう。

 

クレジットカードの審査というものは、借り入れをする人の年収を考慮して、返済能力がどれくらいあるのかを確認します。

 

審査で、他の金融機関から融資の最中という人ほど審査の評価が低くなるのは、
支払い日にきちんと支払うかが怪しいためです。

専業主婦はクレジットカードの審査に落ちる理由になります

クレジットカード,審査,落ちる理由

クレジットカードの審査に落ちる理由のうちの一つに専業主婦である事があげられます。

 

クレジットカード会社は原則として申請した本人に安定した収入がある事を求めます。

 

専業主婦の場合本人に安定した収入がないため、審査に通過する基準に満たないことになります。

 

配偶者に多額の収入があれば問題ないこともあります

しかし例外規定を設けているクレジットカード会社もあります。

 

配偶者にかなり多額の安定した収入がある場合には、審査基準は通常のクレジットカードよりも厳しくなりますが、審査を受付できる場合があります。

 

こちらの制度を導入しているクレジットカード会社は限られているので、よく調べておく必要があります。

 

こちらの制度を使ってカードを発行してもらった場合の支払い方法は通常どおりです。

 

カード会社によっては家族会員カードを発行している場合もあり、その場合の支払い方法も通常通りとなります。

 

万が一遅延や延滞をした場合には本人だけでなく、配偶者も信用が落ちるので支払いには注意しておく必要があります。


クレジットカードの審査に落ちる理由に年収の少なさはあるのか

クレジットカード,審査,落ちる理由

クレジットカードの審査に落ちる理由はいろいろありますが、その中に年収の少なさというのはあるのでしょうか。

 

基本的には、単に年収が少ないからという理由でクレジットカードの審査に落ちることはありません。

 

ゼロではさすがに通らないでしょうが、フリーターであっても作ることは可能なのです。

 

その証拠に、申し込み時の年収は自己申告だけです。

 

収入証明書などが不要で自己申告である以上、本当かどうかを確かめる術がカード会社には限られています。

 

勤務先や役職、勤続年数などから推測するくらいしかありません。

 

その程度の事柄なのですから、多いとか少ないなどはほぼ関係ないのです。

 

ただ、利用限度額が低く設定されてしまうということはあるでしょう。

 

ただし、この話はもちろん一般のクレジットカードに限ります。

 

ステータスの高いゴールドカードやそれ以上のカードについては、年収が審査対象になっていることも当然ながらあり、それなりの金額がないと審査に落ちてしまうこともあります。

 

[クレジットカードの審査が落ちる理由]関連情報